着物のお手入れ
 
  丸洗い

 着物を仕立て上がりのまま洗います。
当社の丸洗いは低価格ですが、丸洗い前に下洗いも丁寧にいたします。
下洗いとは、まず手洗いで衿・袖・裾など特に汚れやすいところを入念に洗うことをいいます。
それにより、ファンデーション汚れなどその他油性の汚れを落とすことが可能です。
 
  下洗いをせずに丸洗いをしても「丸洗い」といいますが、
この下洗いをするかしないかで洗い上がりの綺麗さに大きな差が出ます。
当社ではこだわりを持って1枚1枚丁寧に下洗いをさせてただいております。

大切なお着物を長持ちさせるために、是非、着物の専門家にお任せください。
着物のほか帯ももちろん丸洗いできます。


 ※ただし、汗の染みや水染み、変色した染みなどは入念な下洗いをさせていただいても残りますのでご了承ください。こちらは、ご希望により別作業の染み抜き見積りを出させていただいております






                 ご注文はこちら

  染み抜き

シミは時間が経つと、タンスの中で保管中に湿気を帯び酸化します。
時間がたてばたつほどシミは落ちにくくなります。

本場京都で修行を積んだプロが「シミ抜き技術」で大切な着物を甦らせます。
あきらめる前に、一度ご相談ください。

こちらの染み抜きをご希望の方は「染み抜き希望」とメールにてお申し付けください。
無料見積もり致します。


~染み抜きの見積り料金について~

よくお客様より事前にお問い合わせをいただきます『染みお見積もりの価格』の件ですが、
料金は700円(例:丸洗いで残る軽い染み1ヶ所)~上限は20000円(例:お直ししないと着用不可能な程度の染みや、染み抜きのほかに金加工や柄足しなど特殊な加工が必要なもの)となっております。

他に例といたしましては、衿両掛け衿の変色直し・色あわせをして色を掛ける作業が必要なもの(1800円~3500円)などです。

もちろん、お見積り後ご検討いただき、お客様のご了解を得た上でのみ染抜きのほうを進めさせていただきますので勝手に進めてしまうなどのことは一切ございませんのでご安心下さい




広範囲な汚れや黄変、生地等が弱っているなど、シミ抜きが難しい場合はお客様の好みやご予算に応じて、金加工や柄足しを行って汚れ部分を隠します。




  洗い張り

洗い張りは、水で洗うことによって、糸穴や生地の縮みをなくし、緩んだ生地に張り・光沢が出ることから着物をよみがえらせることが可能です。
絹物は水洗いする度に生き返り、
もとの張りと光沢を取り戻す最高の素材です。

シミや汚れがひどい場合、また、仕立て直し(譲り受けた御着物の寸法を変えて仕立て直すこと)の際も洗い張りを行います。
また、汗などの水性の汚れには一番と言って良いほど効果的で、雨シミや泥はねのひどい場合も洗い張りで綺麗になります。

解いた生地をつなぎ合わせて反物の状態にし水につけて洗います。

昔は丸洗い(クリーニング)などというものは無い時代でしたので、みんな洗い張りをして縫い直しをして着まわしをしていました。






  撥水ガード加工
 




生地に撥水性をもたせる加工のことです。
大切なお着物を汚れやしみ、水などからガードします!
水分などが生地に染み込むのを防ぐ効果があり、雨・泥などや着用時の不意な汚れが付きにくくなります。

当店の加工は、ニューパワーガードです。強力に水をはじき、
防菌、防カビ、防臭効果に優れ、黄変まで防ぐ優秀なガードです。




  お仕立て・寸法直し・ほつれ直し


当店のお仕立ては格安ですが、もちろん安心の日本縫製です。
1枚の御着物に対し一人の職人が丁寧に手がけます。
 →※低価格の手縫いですと、箇所ごとに分けて縫う(袖の人は袖だけ縫うなどの分業)をされているところも多くその場合、やはりその職人のくせにより全体バランスの違う仕上がりになります。 


当店では、30年以上のキャリアを持つ国家検定技能士有資格者の当店専属のベテラン和裁士が手掛けます!
当店で着物を仕立てたお客様からは、
「わせんさんで仕立てたお着物は、見た目は他の着物と同じなのに、
なぜか着心地が良いわ~^^」 とのお褒めのお言葉をいただいております。

ミシン(ハイテクミシンなど)で縫製されたお着物は、縫い直しができないケースもあります。
大切なあなたの着物は、是非伝統技術を受け継いだ当店の和裁士にお任せください。
部分的なほつれ直し もお受けしております。ほつれ直しは500円~で
ほつれの程度によりお見積りを出させていただいております。
 
また、八掛の裾の擦り切れ直しもお受けしております。
 
(擦り切れている裾を内側に折り込み縫い直します。料金は6500円税別です。)
 


 
 
  紋入れ

古くなって黄ばんだ紋を美しく直す。譲られたお着物の紋替えをする、
おしゃれ紋を入れる・・・

様々な紋入れを承っております。


1つ紋

  背中心にひとつ。色無地の着物、訪問着など(略)礼装として幅広く活躍します。




3つ紋

  袖に2つ増えます。色留袖と訪問着に準礼装となります。



5つ紋

  最も格式のある着物です。
  日本の第一礼装である男性の紋付き袴の黒紋付きに 黒留袖と喪服に。




 
★★★ 家紋は日向紋(ひなたもん)と陰紋(かげもん)があります。
 日向紋は表紋とも言い、家紋の基本的な表現方法のこと、
 陰紋はおしゃれ感覚な表現方法のことをいいます。



 抜き紋

色留袖・色無地・訪問着・付け下げ・鮫小紋・小紋などは
紋入れをする所が石持(白く染め抜かれた状態)になっておりませんので
抜染(染めを抜く技法)をして紋を描きます。
紋入れの中でも技術的に高度なものを要求されます。



 縫い紋

家紋を糸で縫い上げる(刺繍する)手法です。
正式ではありませんが、訪問着や付下などにあう、おしゃれな紋です。
相良(サガラ)縫、マツイ縫、菅(スガ)縫など縫い方によって
雰囲気が変わります。



  かけつぎ


生地にできた穴、虫喰い、何かに引っかかって破れしまった箇所を元に戻す加工を「かけつぎ」または、「かけはぎ」といいます。
機械で直すことは困難ですので専門の職人よる技術で目立たないようにいたします。

小さい穴の場合生地を寄せて目立たなくする場合や大きな穴の場合共布などで裏からあて布をして目立たなくする場合もあります。
【共布がない場合は、目立たないところ(袖底など)から切り取り使用します】

かけつぎ後、さらに目立たなくするために、その箇所や周りに柄足しや金加工を併用することも可能です。


ご注文フォームへ









 
 
 

 

 

北海道・青森・岩手・宮城・秋田山形・福島・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨・新潟・長野・富山・石川・福井・愛知・岐阜・静岡・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄